薬剤師転職

調剤併設ドラッグストアの求人に強い「薬剤師転職エージェント」TOP3!

こんにちは!
現在ドラッグストアで店長兼管理薬剤師をやっているBekenべけん(beken77116525)といいます。
現場経験も30年以上ですので業界に詳しい方です。

調剤併設ドラッグストアの求人に強い「薬剤師転職エージェント」のTOP3はズバリ!

1位:ヤクマッチ薬剤師
2位:マイナビ薬剤師
3位:ファルマスタッフ

薬剤師と言えばやっぱり「調剤」と考えている人は多いし実際に調剤薬局で働いている人も多いですよね?
でも薬機法や薬価など「企業努力で対策できないことに振り回さてるなぁ」と感じること多く無いですか?
調剤薬局の将来が気になりますよね?

もし不安に感じているなら調剤併設のドラッグストアで働く選択肢がありますよ。
ドラッグストアの多くは調剤業務を拡大に動いていて労働環境がかなり改善されています。

調剤のみにこだわりたい人には調剤専門を選べる会社が増えています。
一方でOTCやマーケティングに興味がある方も希望を叶えやすい状況です。

ドラッグストアは調剤薬局と比較して規模の大きい会社が多いため上昇志向のある人にも向いています。
もちろん年功序列のような制度は過去の話ですが努力できる人にはチャンスありです。

業種別求人の構成グラフ
業種別求人構成グラフ

ランキングの話に戻ります。
TOP3を選ぶにあたっては薬剤師専門の転職エージェント14社の求人データを比較しています。
上の図は総求人数の多い転職エージェントから順に並べた業種別構成グラフです。
※求人数が多い調剤薬局の求人は予め除き比較しやすくしました。

このグラフから分かるように調剤併設のドラックストアの求人数は総求人数と比例しません。
例えばファゲットです。
総求人数の順位で比較すると6位ですが調剤併設の求人数では下位となるので選んではいけません。

ファゲットはもちろん今回取り上げたエージェントは優れたエージェントです。
ただし取扱い求人によって差別化しているエージェントも多いため注意が必要になります。
希望と異なる職種に特化したエージェントを選んでしまうといくらコンサルタントが優秀でも希望の求人にであることができなきなるからです。

※この解説は薬剤師専門の転職エージェント14社の求人データをもとに書いています。
(エージェント名:ヤクマッチ薬剤師 マイナビ薬剤師 薬キャリ ファルマスタッフ 薬剤師求人.com ファゲット お仕事ラボ CME薬剤師 アプロ・ドットコム リクナビ薬剤師 薬剤師ベストキャリア MCーファーマネット 病院薬剤師ドットコム ジョブデポ薬剤師


それではTOP3の解説です。

1位:ヤクマッチ薬剤師

ヤクマッチ薬剤師 トップページ
ヤクマッチ薬剤師 トップページ

ヤクマッチは2014年に設立された薬剤師専門の転職エージェントです。
転職エージェントとしては新しく規模も小さめかも知れません。
その欠点を払拭する特徴が社名でも分かる通りマッチングにこだわっています。

マッチングが高いのにはもちろん理由があります。
・圧倒的な求人数:5万人超の求人数
・丁寧なヒヤリングを実施:丁寧なヒヤリングを行い細部まで配慮されておりサポート力が高い
・薬剤師が在籍:薬剤師が在籍しており現場の状況や立場を理解してもらいやすい
・情報収集:薬局・現役薬剤師・実務実習生から情報収集して多角的な分析をおこなっており情報が豊富

調剤併設の求人は14社中最も多くOTCの求人数も豊富です。

ヤクマッチ薬剤師の詳細ページを見る

2位:マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師 トップページ

マイナビ薬剤師は知名度の高いマイナビグループの薬剤師向け転職エージェントです。
顧客満足NO.1が最大の魅力。
総求人数が5万件を超えており利用者1人対する求人紹介数が多いことが特徴です。
業種別求人のバランスに優れています。
総求人数と比較して病院の求人が少なめです。
派遣に求人が無いので注意が必要。

調剤併設併設の求人数は14社中2位の結果でした。

マイナビ薬剤師の詳細ページを見る

3位:ファルマスタッフ

ファルマスタッフトップページ

ファルマスタッフの特徴は調剤薬局大手の日本調剤のグループ会社が運営する薬剤師支援サービスです。
調剤に明るいことはもちろんですが業種別求人に偏りが少なく派遣の求人もあります。
個別面談に力を入れているから自分に合った仕事が見つけやすいことが魅力ですね。
全国に12の拠点があるので各地域の求人にも強いので安心です。
転職相談満足度はなんと96.5%.

調剤併設の求人数は14社中3位の結果でした。

 

ファルマスタッフの詳細ページを見る

まとめ

今回調剤併設のドラッグストアに強い転職エージェントのランキングを取り上げたのは将来の不安を感じたからです。

調剤薬局はやはり薬機法や薬価など企業努力で回避できないことに振り回和されることが多いと感じませんか?

そのうえ「品質」や「価格」「品揃え」で競合と差別化することも難しいのが実情です。
私自身この業界に30年以上もいるのでドラッグストアが地域の薬店を飲み込んでしまった時のことを思い出しています。

今すでに競合に苦しんでいたり将来に不安に感じているなら調剤併設のドラッグストアで働く選択肢がありますよ。
ドラッグストアの多くは調剤業務を拡大に動いていて労働環境が改善されつつあります。

調剤にこだわりたい人には調剤専門を選べる会社が多いです。
一方で「OTCやマーケティングを身につけスキルアップを図る」という選択肢もあります。

ドラッグストアは調剤薬局と比較して規模の大きい会社が多いため上昇志向のある人にもおすすめです。
もちろん年功序列のような制度は過去の話ですが努力できる人にはチャンスあります。


調剤室内の狭いスペースで働くのが苦手な人も多いし人間関係が難しいと感じている方もいませんか?
いろいろな不安を抱えるひとのヒントになれば幸いです。

-薬剤師転職