【派遣薬剤師】の求人に強い「転職エージェント」3選!

薬剤師転職

「派遣薬剤師への転職状況が知りたい」

「派遣薬剤師になるにはどうしたら良いか知りたい」

こんなことがきになっていませんか?


こんにちは!

現在ドラッグストアで店長兼管理薬剤師をやっています。
現場経験も約30年ですので業界に詳しい方だと思います。
Beken(beken77116525)といいます。

profile52

この記事を読んで得られるメリットは…

「現在の派遣薬剤師の状況がわかる」

「派遣薬剤師になる方法が分かる」

「派遣薬剤師に強い転職エージェントが分かる」



それでは解説していきます!

コロナ渦で薬剤師の働きかたとして一番変化したのが「派遣薬剤師」でしょう。



派遣切りにあった。

派遣切りの不安から「正社員」に転職した。

こんな事が実際に発生しています。


正直言ってこのタイミングで「派遣薬剤師」を積極的におすすめしません。

とはいえ…

ライフワークバランスの状況もあります。

メンタル的な状況もあります。


「派遣薬剤師」を選ばざるを得ない状況のかたもいらっしゃることでしょう。

「派遣薬剤師」は会社には所属するものの勤務先とは別会社となります。

福利厚生の恩恵を受けつつも様々なハラスメントや理不尽な指示・命令をさけることができます。

「薬剤師」の皆さんであれば年収に関しても社員と大差なく働くことが可能です。

ただしデメリットもあります。

「派遣薬剤師」のメリット・デメリット。

しっかりと理解してから行動に移して下さい。

「派遣薬剤師」の求人に強い「転職エージェント」

「薬剤師」の転職エージェントすべてが「派遣」の求人を扱っている訳では在りませんので注意が必要です。

比較的求人数が多く、サポート力の高い転職エージェントと派遣薬剤師の求人は以下の通りです。

エージェント名派遣薬剤師求人数
ファルマスタッフ3,963件
薬キャリ1,652件
お仕事ラボ836件

「ファルマスタッフ」の特徴

「ファルマスタッフ」の会社概要で注目してほしい点は、自ら薬剤師の「人材派遣」「紹介予定派遣」事業を行っている点です。

また「日本調剤グループ」が運営しているところも注目ポイントです。

「ファルマスタッフ」の特徴

  • 薬剤師に特化した専門エージェントである
  • 大手調剤薬局チェーンの日本調剤グループ会社が運営する薬剤師転職支援サービスです
  • しっかりと時間をかけて対応してくれる
  • 職種の網羅性もうらせいの高い求人を扱っている

「ファルマスタッフ」派遣薬剤師の求人数

「ファルマスタッフ」の総求人数は62,383件です。

雇用形態求人数
派遣3,960件
紹介予定求人1,174件

ファルマスタッフの詳細ページはコチラ

「薬キャリ」の特徴

「薬キャリ」の特徴

  • 対応がスピーディー
  • 他の大手エージェントと提携しており求人数が多い
  • 面談などのわずらわしさが少ない
  • 転職経験ありの方向け

「薬キャリ」のメリット

  • 目的が明確で無駄が少ないため、登録から転職までの流れがスムーズ
  • 保有求人数が多い
  • 他の大手転職エージェントと提携しており求人紹介が受けられる
  • 正社員、派遣、パートいずれにも対応している

「薬キャリ」のデメリット

  • 希望していない求人を紹介されることがある
  • 面談時間が少なくじっくり派には向かない
  • 拠点が少ない
  • ウェブサイトが使いづらい

薬キャリの詳細ページはコチラ

「お仕事ラボ」の特徴

「お仕事ラボ」の特徴

  • 転職後の定着率が高く95.6%と高い実績です。
  • 求職者からのヒヤリングに注力しておりマッチングが高い
  • 派遣業務を行っている
  • (株)アイセイ薬局の100%子会社(株)AXISが運営する転職・派遣会社
  • (株)アイセイ薬局は全国に377店舗(2020年10月1日現在)を展開する薬局で福祉事業も展開しています。
  • (株)アイセイ薬局の2019年度決算における大手調剤薬局チェーン売上ランキングでベスト10入りする規模です。

「お仕事ラボ」のメリット

  • 希望の求人が無いときは希望に応じたフルオーダーメイド提案
  • 転職後の定着率が高い
  • ワンストップ型運用
  • キャンペーンが充実していてお得!

「お仕事ラボ」のデメリット

  • 調剤以外の求人に弱い
  • 転職までに時間がかかる
  • 面談に注力しているがコンサルタントとの面談は東京本社のみ

お仕事ラボの詳細ページはコチラ

「派遣薬剤師」とは

念のための解説ですので、分かっている方は読み飛ばしてください。

  • 人材派遣会社と雇用契約を結ぶ
  • 人材紹介会社から紹介された派遣先企業に勤務する
  • 人材紹介会社は派遣先企業と派遣契約を結ぶ

人材派遣会社と雇用契約を結ぶ

・人材派遣会社と雇用契約を結びます。

・人材派遣会社の福利厚生が適用されます。

・各種保険の内容は「人材派遣会社」によって異なるので確認が必要です。

人材紹介会社から紹介された派遣先企業に勤務する

・勤務先とは雇用関係にはありません。

・勤務先の福利厚生は適用されません。

人材派遣会社は派遣先企業と派遣契約を結ぶ

・人材派遣会社は派遣先企業(勤務先企業)と派遣契約を結びマージンをうけとります。

「派遣薬剤師」のメリット

メリットも大切ですが、デメリットまでしっかり確認して下さい。

  • ライフワークバランスを自由に設定できる
  • ハラスメントを回避しやすい
  • サービス残業が無い
  • 転居を伴う転勤がない
  • スキルアップができる
  • 業務以外の仕事が無い

ライフワークバランスを自由に設定できる

・派遣会社に曜日や時間、出勤日数の希望を出して見合った派遣先を紹介される。

・派遣先の都合に合わせる必要が無い。

ハラスメントを回避しやすい

・勤務先の社員でないため評価を気にすることなく行為を申告しやすい。

・ハラスメントを派遣先企業に申告できる。

・派遣先の変更希望が出せる。

サービス残業が無い

・勤務先の社員でないため、また時給が高いためサービス残業を断ることができる。

転居を伴う転勤がない

・通勤可能なエリアから派遣先が決められるため転居を伴う転勤がない。

スキルアップができる

・様々な規模・企業で働けるため短期間に多くの経験ができる。

・多くの人と出会える。

業務以外の仕事が無い

・人材育成や会議など業務以外の仕事が無い

「派遣薬剤師」のデメリット

こちらが重要なポイントです。

  • キャリアアップが難しい
  • ボーナスが無い
  • 勤務地が選べない
  • 仕事が途切れる可能性がある

キャリアアップが難しい

・勤務先企業の社員ではないので昇進できない。

ボーナスが無い

・時給換算で社員よりも時給が高い場合もあるが基本的にボーナスは無い。

勤務地が選べない

・勤務開始後に勤務地を変更しにくい

仕事が途切れる可能性がある

・労働派遣法において同じ派遣先で働けるのは3年までとなるため、常に次の派遣先が決まるとは限らない。

「派遣薬剤師」の福利厚生費

・派遣社員には有給休暇制度や社会保険がなどの福利厚生が無いと思っているかたも多いですが適用となります。

・健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険、薬剤師賠償責任保険、有給休暇、産休・育休、健康診断などに関しては派遣会社によって受けられる異なるため確認が必要です。

まとめ

派遣薬剤師は自由度が高くトラブル回避に良い働きかたです。

ただしデメリットも多いため派遣薬剤師が自分にあった働きかたであるのか?


直近の状況では「転職エージェント」の利用は必須です。

「自力で何とかしよう」という発想は捨ててください。

また「派遣薬剤師」の求人自体を扱っていない「転職エージェント」が多いです。

どこの派遣会社に登録をするのかが非常に大切です。

焦らず客観的な目で判断しましょう!



薬剤師の求人・転職なら「ファルマスタッフ」



薬キャリ



【薬剤師の派遣・転職 お仕事ラボ】



コメント

タイトルとURLをコピーしました