【販売士2級 リテールマーケティング】「独学」働きながら2か月で合格できる学習方法を徹底解説!

photo of studyUncategorized

「販売士資格は独学でも習得できるの?」

「販売士資格は何に役立つの?」

「取得に必要な学習時間はどれくらい?」

こんな風に感じていませんか?

こんにちは!

現在ドラッグストアで店長兼管理薬剤師をやっています。
現場経験も約30年ですので業界に詳しい方だと思います。
Beken(beken77116525)といいます。

profile52


それでは詳しく解説していきます!


この解説を読むメリットは…

「販売資格が独学で取得できるのかが分かる」

「資格取得のための必要時間がわかる」

「販売資格の活用方法が分かるようになる」



まずは重要事項から触れていきます。



タイトルとは矛盾しますが、今年度に関しては「養成講習会の受講」「指定通信教育講座の受講」の受講がおすすめです。


理由としては新型コロナウイルスの影響による試験方式の変更です。


2020年度の販売士(リテールマーケティング)試験の中止が発生しました。


これを受け2021年度より1級~3級すべてが「ネット試験方式」で実施されることが発表されているためです(詳細はコチラ)。


ただし、試験内容や合格基準に変更がある訳ではないようですので、時間的に難しいかたも落胆することはありません。

情報収集を怠ることなく対策していきましょう!


「販売士 リテールマーケティング」はどんな資格

「販売士 リテールマーケティング」資格を取得して何に役立つのか?

  • 販売・接客に役立つ
  • 在庫管理・マーケティングに役立つ
  • 労務・経営管理に役立つ
  • 流通・小売り分野に役立つ

販売のみでなく商品販売に関わる全体の流れを理解する資格です。

広く浅くの内容なのできっかけ作りにチャレンジすることがおすすめ。

各級の難易度

1級になると難易度がかなり上がりますが2級と3級には大きな差が無いので2級狙い目です。

テキスト・参考書

普段販売に携わっているからといってもテキストや参考書無しでは合格は難しいので自分にあったものを準備しましょう。

商工会議所ハンドブック

ハンドブックの価格と出題率                 
  • 3級ハンドブック(2冊組 5,500円) 出題率90%
  • 2級ハンドブック(5冊組 7,150円) 出題率80%
  • 1級ハンドブック(5冊組 8,250円) 出題率70%

ハンドブックからの出題率が高いことは商工会議所が掲載していますので、値段はやや高めですが安心して勉強に取組めます。

おすすめのテキスト

わたしが実際に使用したテキストはこちらの2冊です。

おすすめの理由
  • 上下2冊で各項目が網羅もうらされている
  • 非常に丁寧に解説が入っている
  • 文字や図が大きく見やすい

学習方法

冒頭でも触れました通り2021年度から「ネット試験方式」が開始となります。


まだ試験内容に関する情報がほとんどないため「養成講習会」「指定通信教育講座」を積極的に受講しましょう。


いずれかの受講すれば、より理解が深まり「販売・経営管理」が直後に行われる2回の試験で免除されるメリットもあります。

養成講習会の受講


30時間の講習会のうち8割以上に出席し、開催期間中におかなわれる予備試験に合格すれば、講習会の直後に行われる2回の試験で「販売・経営管理」科目が免除されます。

指定通信教育講座の受講


日商指定の教育機関が実施する「養成通信教育講座」の全課程を受講して、スクーリングを修了すれば、修了直後に行われる2回の試験で「販売・経営管理」科目が免除されます。

独学

  1. おすすめの問題集を3回ほど読み流す
  2. 1回通しで問題を解き、できなかった問題にチェックを入れる
  3. できなかった問題のみもう1度通しで解く
  4. 全問を通しで解く
  5. 全ての回で間違えた問題のみノートに書きだし復習する
  6. 1度でも間違えたことのある問題のみ通しで解く


1~6を行うことでほぼ合格できる状態になります。

2級習得の場合

合計の学習時間は試験慣れしている方で50時間。

久しぶりの試験となる方は100時間程度。

2~3ヶ月間真面目に勉強すれば取得できるレベルです。

まとめ

  • 販売士試験科目は奥が深い
  • 現場でのスキルアップに活かすことが重要
  • 得手不得手を把握することが重要
  • 販売の全体像を理解する

どうせ勉強するのですから合格して資格は取得しておきたいですが、あくまでもスキルアップを図り結果を残し、良い評価を受けることを目的と考えましょう。

そのためには、実際に何が使えるかまで落とし込みましょう。PDCAを繰り返しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました