photo of drugstore

薬剤師転職 転職エージェント

【要注意】薬剤師転職エージェント「選び方」ドラッグストア編

今回は「ドラッグストアへの転職を検討を開始しようなぁ~」

と考え始めたタイミングの人を対象として解説します!


こんにちは!

現在ドラッグストアで店長兼管理薬剤師をやっています。
現場経験も約30年ですので業界に詳しい方だと思います。
Beken(beken77116525)といいます。

profile52




この解説を読むことで得られるメリットは

・ドラッグストアに「転職」する際におすすめの「転職エージェント」が分かる

・ドラッグストアに「転職」する際に選んではいけない「転職エージェント」がわかる

・ドラッグストアでに「転職」して「何がしたいか」が明確になる



それでは始めます‼


わたしたち「薬剤師」が「転職」をしようと考えたら..

まず「給料」「スキルアップ」「福利厚生」を検討しますね。



次に検討するのが「転職」エージェントはどこにするか?


決定する基準は何ですか?

・知名度?

・求人数?

・設立からの年数?



ドラッグストアへの「転職」を希望するなら少し事情が違います!

「転職エージェント」によって一番求人数に偏りがあるからです。



結論からいうと

おすすめ第1位: 「マイナビ薬剤師」  \「マイナビ薬剤師」の詳細ページを見る/

おすすめ第2位: 「ヤクマッチ薬剤師」  \「ヤクマッチ薬剤師」の詳細ページを見る/

おすすめ第3位: 「リクナビ薬剤師」  \「リクナビ薬剤師」の詳細ページを見る/




逆に選んではいけないのが

「ジョブデポ薬剤師」「メドフィット薬剤師」「MC-ファーマネット」です。

※あくまでも「ドラッグストア」求人においての基準です。


・希望と異なる求人ばかり紹介される

・コンサルタントのレベルが低い

「転職エージェント」の「口コミ」でよく見るコメントです。

希望に合った「転職エージェント」を選んだのかなぁ....

わたしたちはこんな失敗をしないように正しい選択をしていきましょう。

「ドラッグストア」の求人数

「ドラッグストア」の求人数比較

おすすめの「転職エージェント」3社の求人数(ドラッグストア)です。

転職エージェント名OTCのみ求人数調剤+OTC合計
マイナビ薬剤師11,013件6,295件17,308件
ヤクマッチ薬剤師8,012件7,769件15,781件
リクナビ薬剤師2,481件11,171件13,652件

※求人数は2021年1月9日現在の各転職エージェントのホームページによるものです。

※「Over The Counter」カウンター越しに販売することに由来した名称。

 ドラッグストアなどで処方箋無しに購入できる医薬品。

「ドラッグストア」の求人数にバラつきが出る理由

  • 「薬剤師」が必ずしも必要ではない
  • 調剤の有無などアナウンスが難しい
  • 取り扱い商品などの方向性が企業によって異なる

「薬剤師」が必ずしも必要ではない

・「登録販売者」が2009年に新設されたことに伴い店舗販売業においては必ずしも「薬剤師」が必要で無くなった。そのため「薬剤師」の求人数が極端に少ない企業もある。

調剤の有無などアナウンスが難しい

・調剤を行っている店舗においても併設なのか二許可制なのか外観上判別しにくい。

取り扱い商品などの方向性が企業ごとに異なる

・ドラッグストアの進化の過程でラインロビングを強みとしてきたが新規採用カテゴリーは
 「ヘルシー&ビューティー」「食品」「DIY」など企業によって大きく異なる。

※ラインロビング:新規カテゴリーを自店で取り扱うことにより、競合店や他業態から売上シェアを奪うこと。

「ドラッグストア」との「転職」難易度比較

「調剤薬局」と「ドラッグストア」の「転職」難易度比較

  • 調剤薬局への「転職」と同等の難易度です
  • 調剤薬局よりも「求人数」が少ないためタイミングに左右されやすい
  • 調剤薬局よりも大きい規模の会社が多め

「病院」と「ドラッグストア」の「転職」難易度の比較

  • 病院への「転職」と比較して初心者でも受け入れられやすい
  • 病院と比較して通勤圏内の求人が探しやすい

「企業」と「ドラッグストア」の「転職」難易度の比較

  • 企業と比較して求人数が多い
  • 企業の求人は特に薬剤師である必要が無い場合が多い
  • 企業と比較して通勤圏内の求人が探しやすい

「ドラッグストア」との「給料」比較

「調剤薬局」と「ドラッグストア」の「給料」比較

  • 一般的に調剤薬局と比較して「ドラックストア」は「給料」が高い
  • 調剤薬局と比較して昇給のチャンスが高い

「病院」と「ドラッグストア」の「給料」比較

  • 一般的に病院の給料は最も低い
  • 病院は役職に就くのが難しい

「企業」と「ドラッグストア」の「給料」比較

  • 一般的に企業の「給料」は最も高い
  • 「営業手当」のような考え方はない

「ドラッグストア」で求められる「スキル」

  • OTCの知識
  • コミュニケーションスキル
  • マーケティングスキル
  • 経営スキル

OTCの知識

「薬剤師」の立場として求められることは、やはりOTCの知識です。



「病院」や「調剤薬局」との違いはドクターが決めた答えに対して解説するのではない点です。


買う買わないは「お客さん」が決めます。

「薬剤師」は決定のサポート役です。

商品Aと商品Bを「比較」して「おすすめ理由」を明確にする。

納得してもらえたら買ってもらえる。

コミュニケーションスキル

「接客」の場面では「お客さん」の期待する答えができるかが求められるます。

説明だけでなく「聴く」力も必要です。

プラスして従業員との間でも非常に重要です。

パート・アルバイトさんは薬のプロでないことがほとんどです。

分かりやすく説明して協力してもらう必用があります。

マーケティングスキル

「調剤薬局」や「病院」で競合他社のことを考えながら働いている人はほぼいません。


いっぽう「ドラッグストア」で働いている人で「何が売れるか」「どうすれば売れるのか」を考えていない人はまずいません。

経営スキル

「調剤薬局」や「病院」との一番大きな違いは「経営スキル」です。

「売上」=「客数」×「客単価」

「利益」=「売上」-「経費」

どうしたら「売上」が上がるか?

どうしたら「利益」があがるか?

どうしたら「経費」を抑えられるか?

正直な話、医薬品の知識よりも優先して常に頭にあるのは「店舗利益」です。

とは言っても、販売するのは「医薬品」です。

「利益」を優先してはいけません。


WIN-WINの関係となる販売方法についても考える必要があります。

「ドラッグストア」の福利厚生

「調剤薬局」「病院」と比較して「ドラッグストア」は規模の差で「福利厚生」は優れている傾向にあります。

だだし、店舗ごと規模は小さいためローカルルールができやすいことも事実です。

「ドラッグストア」の実際

  • 雑用が多い
  • 労働時間が長い
  • 休みが取りにくい

「雑用」が多い

「雑用」=「医薬品に係る業務」以外。

と考えるのであれば、1日の80%は雑用を行っています。

何にこだわるか、何が好きかの価値観によって意見の分かれるところです。

「労働時間」が長い

1日当たりの「労働時間」は8時間で長い訳ではありません。

ただし、営業時間は長いことが多いので変則的な勤務時間になりやすい傾向にあります。


また、変形労働を採用していることが多いので「繁忙月の休日日数が少ない」「日ごとの労働時間が異なる」というケースはよくあります。

休みが取りにくい

「労働時間」同様に年間休日日数で比較するのであれば少ない訳ではありません。

たたし、土日やゴールデンウイーク、お盆休みのような長期休暇は取りにくい傾向にあります。

いっぽうで、平日の休みは取得しやすいので「学校行事」「通院」「銀行」「役所」などの都合がつけやすいと言えます。

まとめ

最後までお付き合いいただきありがとうございます。

現場目線で「ドラッグストア」への「転職」でエージェントの選び方を解説しました。


「ドラッグストア」の求人数はエージェントによって開きが大きいので「要注意」!

おすすめのトップ3はこちらです。

おすすめ第1位: 「マイナビ薬剤師」  \「マイナビ薬剤師」の詳細ページを見る/

おすすめ第2位: 「ヤクマッチ薬剤師」  \「ヤクマッチ薬剤師」の詳細ページを見る/

おすすめ第3位: 「リクナビ薬剤師」  \「リクナビ薬剤師」の詳細ページを見る/

詳細ページを参考に検討にお役立てください。


また「ドラッグストア」への「転職」に関してはの条件付きですが....

選んでいけないエージェントが

「ジョブデポ薬剤師」「メドフィット薬剤師」「MC-ファーマネット」です。

ぜひ参考にして下さい!

-薬剤師転職, 転職エージェント