photo of pharmacist agent how muchi

薬剤師転職

「薬剤師の転職エージェント」が【登録無料】?サービスは?追加料金は?

・無料のサービスって信用できるの?
・登録は無料でも求人紹介料を請求されるんじゃないの?
・自分たちに都合の良い会社を紹介されるんじゃない

例えばこんな理由で「薬剤師の転職エージェント」なんか使って大丈夫?

こんな風に考えていませんか?



結論、大丈夫です。

あやしくも胡散臭うさんくさくもありません!



理由は「薬剤師の転職エージェント」のシンプルな収益構造にあります。

この内容を読むことによって得られること

①「薬剤師の転職エージェント」のとてもシンプルに収益方法が理解できます。

②「薬剤師の転職エージェント」を上手に活用する方法がわかります。

③「薬剤師の転職エージェント」を利用するメリット・デメリットがわかります。

転職未経験者・転職エージェント利用未経験者に向けて
「薬剤師の転職エージェント」のサポート有・無し両方の経験に基づいて解説します!

\「薬剤師の転職エージェント」の比較を見る/


「薬剤師の転職エージェント」収益のしくみとは

「薬剤師の転職エージェント」収益の仕組み

1.薬剤師のあなたを、転職エージェントが求人を出している会社に紹介する。

2.会社が、面接の結果あなたの採用を決める。

3.転職エージェントは成功報酬として、あなたの年収の約30%に相当する金額を会社から受け取る。


これが転職エージェントの収益方法です。

料金は本当にかからないのか?

「薬剤師の転職エージェント」が入社先の会社から受け取る金額の比率はあらかじめ決まっています。

求人の紹介料など追加料金が発生することはありません。

無料のサービスが信用できる根拠!

「薬剤師の転職エージェント」の目的

転職エージェントの収益を上げることあなたの年収が上がることです!

つまり、あなたが高い年収で会社試採用されることです。


「薬剤師の転職エージェント」の活用法!

「薬剤師の転職エージェント」とWIN-WINの関係を築く

転職エージェントはあなたの転職を成功させる協力者であることを理解しましょう!

例1)年収が500万円で成功報酬が30%とすると:500万円×0.3=150万円

例2)年収が600万円で成功報酬が30%とすると:600万円×0.3=180万円

例1)から例2)になれば、あなたの年収が100万円UPしたのと同時に、転職エージェントの報酬も30万円もUPします!


「薬剤師の転職エージェント」は満足度の高い転職を成功させ紹介企業ともパイプを太くしたい!

「薬剤師の転職エージェント」を動きやすくする!

次にあなたがすることは、転職エージェントが動きやすくすることです!

・希望する職種を明確にする(調剤・ドラッグストア・MR・品質管理など)
・会社に対して売り込めるスキルを提示する(履歴書・エントリーシートはあらかじめ準備)
・現在の給料明細を準備する
・こだわり条件を明確にする(収入・人間関係・労働時間・福利厚生)

希望の職種を明確にする

希望の職種を明確に伝えます。

もし職種で迷っているのであれば、何と何で迷っている。

何々は希望しないと明確にすれば転職エージェントもアドバイスがしやすくなります。

情報を開示する

履歴書やエントリーシートを面談までに準備する。

経歴が分かれば自分でも気づいていないようなセールスポイントを発見してくれるかもしれません。

求人は生き物なので自分にあった求人をキャッチできる確率が上がります。

直近の給料明細を準備する

特に年齢と比較して現在の収入が高い場合は給料明細の提示が必須です。

不思議なもので企業が違っても第三者からの評価は重要視されることが多い。


こだわり条件を明確にする

こだわり条件についても明確に提示することでミスマッチを減らすことができます。

人間関係・社風など入社しないとわからないこともエージェントなら知っている可能性があります。

薬剤師の転職エージェントのメリットとデメリット

メリット

・多くの求人を紹介してもらえる
・自分でも気づいていない適正が見つかる
・給料面などの交渉しにくい部分をかわりやってもらえる
・面接日程の調整をしてもらえる
・面接のアドバイスをうけられる
・面接後に相性の悪そうな企業をこちらから断れる

デメリット

・連絡のやり取りが面倒
・希望しない求人を紹介される場合がある
・コンサルタントの相性が合わない場合がある
・入社決定までに時間がかかる場合がある

転職エージェントの使い方が下手な人の特徴

エージェントの口コミで低評価を付ける人には特徴があります。

ずばり! 「誰が客かわかっていない」

お金を払う人      : 客  → 会社
お金を受け取る人    : 店  → エージェント
お金を得るために使うもの: 商品 → あなた

商売の基本です!

あなたは商品なのでエージェントに、お金を支払う必要がないのです。

エージェントに対して、自分は客だと勘違いすると、サービスが悪い云々うんぬんとなります。

まとめ


「薬剤師の転職エージェント」の活用法に書いたことは実際の体験からピックアップしていますので特に参考にしてほしいところです。

直近の給料明細を提示することのメリットについては記載されていることがありませんが交渉材料にかなり有効だと考えています。

入社後に分かったことですが、何等級も上の給料を調整給の形で受け取ることができていました。

皆さんの転職の助けになれば幸いです!


「薬剤師の転職エージェント」の比較についても解説しています!

-薬剤師転職