autonomic nerves system

Uncategorized

【登録販売者試験】つまずきPOINTを現役薬剤師が徹底解説!

「登録販売者の勉強はどこから始めれば良いか分からない」

「どこでつまづきやすいか教えて欲しい」


「登録販売者」の勉強を始めるときに気になりますよね?

結論「自律神経」から始めましょう!


こんにちは!

現在ドラッグストアの店長兼管理薬剤師。
現場経験約30年のBeken(beken77116525)といいます。
業界の情報に詳しい方だと思います。

profile52

この解説を読むメリットは…

「登録販売者試験の勉強の始め方がわかる」


「つまずきやすい自律神経の理解のヒントが分かる」


それでは解説していきます!



「まずはつまずきやすいPOINTを理解してから始めましょう」

① 覚える箇所

② 理解する箇所

大きくこの2点になります。


覚える箇所は「医薬品名たくさん覚えるんですよね~」と覚悟している人も多いと思います。


問題は理解する箇所なんです!



とくに理解しにくいPOINTは「自律神経」なんです。


「自律神経の調整が乱れてますね~」なんて日常会話でも使います。

でも「自律神経」って何ですか?




はじめて勉強をするときは普通参考書の最初のページから始めることが多いですよね?


ちょっと待って

まず3章を開いてパラパラとページをめくります。

そしたら医薬品名を覚える覚悟を決めてください。


つぎに、これから解説する「自律神経」を理解しましょう。

「自律神経」が分かると圧倒的に理解度が上がります。

神経系

私たちのからだは不思議です。

手や足は自分の意思で動かせます。

ところが心臓や肺などは動かすことができません。

動かすことができないところの何とかするために開発されたのが「医薬品」です。


「医薬品」を理解するために無意識部分を整理することが大切です。

~神経ばかりでこんがらがる人は「自律神経」まで飛ばし読みして下さい。

神経系
①中枢神経末梢神経
脊椎体制神経自律神経

神経系

神経系とは体内の情報伝達を行う組織です。

中枢神経:脳と脊椎からなる、体の働きを制御する神経

末梢神経:中枢神経によって制御される神経

の2つに分類されます。

体制神経系

体制神経は知覚神経と運動神経に分類されます。

知覚神経:外部からの情報を集める神経。

運動神経:脳の指令を骨格筋に伝え随意運動を起こさせる神経。

末梢神経系

末梢神経はは脳・脊椎からからだに伸びる神経です。

体制神経系と自立神経系に分類されます。

自律神経系

自律神経は交感神経副交感神経に分類され、からだや身体機能の維持を無意識に働きます。

交感神経:からだが緊張状態に対応できるように働く神経。

副交感神経:からだが安静状態になるように働く神経。

自律神経の解説

自律神経の位置付けを理解するたに神経系を分類しました。


自律神経は例えば心臓のように無意識に働く神経なので難しいですよね。

さらに話をややこしくするのが自律神経の「二重支配」です。

「二重支配」とは自律神経が交感神経と交感神経のバランスで成り立っていることです。

自律神経の「二重支配」

自律神経でつまずくポイントは自律神経の二重支配です。

人のからだ(自律神経)は交感神経と副交感神経のバランスによって支配されています。

まずは下の評を見てください。

効果器交感神経優位副交感神経優位
瞳孔散大瞳孔収縮
心臓心拍数増加心拍数低下
末梢血管収縮(血圧上昇)拡張(血圧降下)



交感神経が優位にある場合は緊張・興奮状態です。

目を例にすると、交感神経が優位なときは瞳孔が開きます。



副交感神経が優位の場合はリラックス状態です。

心臓を例にすると、副交感神経が優位なときは脈拍が下がります。


「交感神経」と「副交感神経」があたかもリレーをしていて、勝ち負けによって臓器に現れる状態が変化します。




このバランスは無意識に行われていますが、意図的にコントロールすることで作用する「医薬品」。
副作用として影響がでてしまう「医薬品」があるため十分理解することが大切です。

神経伝達物質

「交感神経」と「副交感神経」をリレーに例えましたが、実は先があります。

リレーに使うバトンってありますよね?


バトンが非常に大切で「神経伝達物質」と呼ばれます。



リレーで各チームのバトンの色が違うように「交感神経」と「副交感神経」によって異なります。



「交感神経」チームのバトン(神経伝達物質)は「ノルアドレナリン」。

「副交感神経」チームのバトン(神経伝達物質)は「アセチルコリン」です。

自律神経に働く「医薬品」

リレーの醍醐味だいごみはやはりバトンタッチですよね?

選手の速さが拮抗きっこうしていても勝負を左右します。



勝たせたいチームの手助けをしたり、相手チームの邪魔をするのが「医薬品」です。

「アドレナリン」作動成分

交感神経チームのバトンタッチを手助けをします。

交感神経を優位にする働きを持つ成分です。

「抗アドレナリン」作動成分

交感神経チームの邪魔をします。

交感神経の働きを邪魔することで、副交感神経を優位にします。

「コリン」作動成分

副交感神経チームの手助けをします。

副交感神経を優位にする働きのある成分です。

「抗コリン」作動成分

副交感神経のバトンタッチを妨げる働きの成分です。

副交感神経の働きを低下させることで相対的に交感神経を優位にする働きです。

実際の使用例

〈使用例〉

抗コリン成分の医薬品を使用する際は、心臓病または緑内障の診断を受けたものは症状が悪化するため使用前に相談すること。

〈解説〉

抗コリン成分は副交感神経の働きを妨げる働きです。

結果として交感神経が優位となります。

上の表で心臓の欄で交感神経が優位な場合を確認すると心拍数は増加することが分かります。
よって、抗コリン成分を使用する際は心臓病のある方への使用は慎重に行う必用があります。

まとめ

一度読んだだけだとかなり混乱しませんか?

「登録販売者」のテキストで勉強を始めるとこの辺の説明が無いまま進んでいきます。

理解でできていないとなんで???となりやすいところです。

「登録販売者試験」で医薬品の理解を深めるためには必須の知識となります。

早い段階で理解しておきましょう!


さらに自律神経の二重支配や神経伝達物質について理解できていれば良い点があります。


抗コリン成分を使用すると、(相対的に交感神経が優位となり結果として)心拍数が増加する。

こんな表現をする場合に間の括弧の部分は省略できます。


「急がば回れ」面倒なところほど初めに片づけて後で楽しましょう。

-Uncategorized